トップページ > 詳細

詳細

『三菱重工業下関造船所 貨物船「ふじき」進水』 NEW

2018年03月02日

・三菱重工業下関造船所で1月31日、フェリー型の貨物船「ふじき」の進水式があった。同船は総合物流会社が老朽化した既存船の代替で発注。長さ167メートル、幅30メートルで、乗用車約920台、トレーラーの荷台約140台を積める。回転の抵抗を少なくするプロペラを採用するなど省エネ化を図った。建造費は非公開。内装などの工事を行い夏ごろ同社に引き渡され、名古屋と仙台、北海道苫小牧を結ぶ定期貨物航路に就航する。(H30.2.1山口新聞)

▲ このページのトップへ