トップページ > 詳細

詳細

『東洋鋼鈑 社員寮が完成』 NEW

2019年08月19日

・東洋鋼鈑(下松市)の社員寮「昭和通りレジデンス」が同市西豊井に完成した。8月10日に竣工式があり、関係者が完成を祝った。社員寮は鉄筋コンクリート造り8階建てで、ファミリー向けの2LDK約60平方メートルの部屋が64室ある。寮の自治会などで使う多目的ルームも備える。同市桜町の社員寮が建設から60年たち老朽化したことや、昨年までの市の人口が増加し住宅需要が大きい市内の状況を鑑みて建て替えを決めた。同社の社長は「県外からの就職者も増えており、採用活動への効果を期待している。」と話した。(R1.7.11山口新聞)

▲ このページのトップへ