トップページ > 詳細

詳細

『帝人スーパー大麦「バーリーマックス」発表会で岩国市長が事例紹介』 NEW

2019年11月27日

・帝人(本社・大阪市)は10月2日、食品メーカーや学校給食現場での採用実績を持つ自社展開のスーパー大麦「バーリーマックス」の普及拡大を図ろうと、家庭向けの新商品「スーパー大麦のちから」を開発し、全国のスーパーでの販売を始めた。都内で同日開いた発表会では、バーリーマックスを市内の小中学校などで提供している岩国市長が事例紹介をした。帝人の岩国事業所にある研究所でバーリーマックスの基礎研究や製品開発が始まったことなどから、帝人と岩国市は連携して健康増進プロジェクトに取り組んでいる。(R1.10.3山口新聞)

▲ このページのトップへ